ウラプラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★TOPICS★

 どうも、院長の小林こと、通称ぽちゃミニです。
 Plusは、表だけではわからない【裏の顔】もあったんです。
 それが…
 【ウラプラス】。
 このブログは、様々なウラ情報をシャッフルしてお送りします。
 どうぞ、これからも、ちょくちょく見てください(✪ฺܫ✪ฺ)



原発反対宣言!

スイッチ OFF 六ヶ所再処理工場   STOP 上関原発  

スポンサーサイト

実際に植林する!

いつもこのブログの横に、
【gremz(グリムス)】という苗があるのは、見えてますよね?

ブログを投稿することによって、苗が育ち、大きくなったら、
実際に一本の木の苗を植林できるというシステムです。

苗から大人の樹までの成長パターンは、3,000以上!
中には出現率の低い幻の樹や、一定本数のグリムスを育てると表示されるプレミアムブログパーツなども存在していたり、非公開特定ワードを入れると、何か起きたり…

するらしいのですが、

投稿数が少ないのか、全然168日前と変化ありません。
ちょっと、伸びたかな?
って位ですかね・・

他の人のをみると、すっごく可愛かったんで、
わたしも可愛いの目指して、ブログ書きます!
他の人の木はこちらをクリック

よろしく、見てね~



角砂糖5個分で何ができる?

原発から出る放射能ゴミを再処理して、
もう一度電気燃料になる【プルトニウム】を作る為の工場
【六ヶ所村再処理工場】がもし本格稼動したら、
1基の原発が出す1年分の放射性廃棄物を、
なんと!1日で出してしまいます。

気体は、煙突から空へ・・・
液体は、海へ・・・

年間47000人の致死量の放射性物質が撒き散らされ、
海藻・貝・植物・動物に取り込まれ、
色んな食べ物があ濃縮された
【ヒバク植物】になってしまうんです!

******【プルトニウム】は、世界一の猛毒!!********
プルトニウムは、原爆・核兵器の原料です。
角砂糖5個分で、日本中の生物全てを死滅させる能力があります。
それを、毎年8tもつくるのが、あの【六ヶ所村再処理工場】なのです。

実際に【六ヶ所村再処理工場】での試験期間中に、
8回以上の故障・作業員のヒバク・・・
事故は、起きてるんです。

もし、本当に事故によって、【漏れた】なんて起きたら、
あなた、
【お寿司】なんて口にすることもできないでしょうね。
マグロが不漁だ・・・なんて、言ってる場合じゃないですよ!

キャベツと豚肉の重ね煮だって、チキンのトマト煮も、
八宝菜も、親子丼も、スープカレーだって、
あのラーメン屋さんだって、
焼肉屋さんで食べる白いご飯だって・・・

食べられなくなってしまいます。

**********ヒバクするということは・・・**********
白血病・・がん・遺伝子の破壊によりキケイ植物・キケイ児の発生率が高くなってしまうこと。

もっと詳しい、様々なお話をしてくださるのが、
原発問題に深く関わっている【冨田 貴史】さんです。
1月26日(月)から2月3日(火)まで各地で、様々なお話を
聞かせてくれます。
詳しいツアー情報はこちら

冨田 貴史さん 北海道ツアー2009 冬

原発は、いる?いらない?

この小さな日本に、現在(2008.12月)
55基の原発があります。

1位 アメリカ
2位 フランス
3位 日本

●地球温暖化で海水位が上昇したら?
●地震で壊れたら?
●津波が来たら?

高熱になる原子炉を冷やすため、全部海の近くです。
もし、事故が起きてしまったら、
放射性物質が海に広がり、
あっという間に地球全部がヒバクしてしまいます。

しかも、原発の使用済み燃料は、100万年経っても
放射線を出し続ける超キケンな【放射能ゴミ】。
【ニューモ】とは、この【放射能ゴミ】を地中に埋める処理のことで、
受け入れてくれる市町村を探していますが、大金と引き換えに命を売り渡す市町村は、
まだ現れていません。

増え続ける【放射能ゴミ】を再処理して、もう一度電気燃料になる【プルトニウム】
作ろう!!と、いう国策によって作られたのが、
青森の【六ヶ所村ウラン再処理工場】です。

もともとは、ここで作ったプルトニウムを【高速増殖炉もんじゅ】を使って
発電する計画でしたが、95年に【もんじゅ】は事故で中断。
六ヶ所工場も、試験期間中に8回以上もの故障・作業員のヒバク問題などが起き、
今も試験中なのです。

そんなキケンがいっぱいな原発。本当に必要だと思いますか?
日本もチェルノブイリと、同じ状態になる可能性だってあるんです。
米も、野菜も、魚も、肉も満足に食べることができない現実が、
急に訪れるかもしれません。
想像つきますでしょうか?

冨田 貴史さん 北海道ツアー2009・冬

青森県にある「六ヶ所村核燃料再処理工場」を知っていますか。
自分達の暮らしのこと、北海道のこと、日本のこと、本当に考え直さなければならない時です。

今回、環境問題に取り組み、私に色々な情報をくれる上田クンが、
原発問題に深く関わり行動する冨田貴史さんをお招きした北海道ツアーを開催します。
興味がある人も、ない人も、どうぞ、お気軽にご参加下さい。
⑧ヶ所で開催します。
2月3日(火)の、前売りチケット、Plusで買えます!

①1月26日(月)i n 函館
  『キャンドルディスカッションナイト
      ~エネルギーと暮らしのお話~ 』

(会場)@むげん空間 小春日和(駐車場有り)
函館市八幡町18-18 TEL0138-83-7721
(時間)19:00 OPEN 19:30~21:30
(参加費)500yen(お茶付き)
(問合わせ)クニタテ ( tel ) : 090-7951-1206
(e-mail) : hi_92tate@hotmail.com
「祝島通信」のプロジェクター上映。冨田さんを囲んで、
キャンドルの灯りの元でディスカッション。

②1月27日(火)i n 札幌
  『祝島通信
   ~お金のしくみから考える豊かな暮らし方~』

(会場)ピースボートセンターさっぽろ
中央区北2条東3丁目
(地下鉄東西線バスセンター前下車徒歩約5~6分)
(時間) 18:30スタート (参加費)1300yen
(問合わせ)上田 090-7518-8816
ピースボートセンターさっぽろ 011-271-1665
(e-mail)naonaonmax@ezweb.ne.jp 上田携帯
主催:あーす☆ガイド 共催:ピースボートセンターさっぽろ
山口県祝島を取り巻くお金のお話し。本当の豊かさとは
何でしょう。一緒に考えませんか。

③1月29日(木)i n 札幌
  sapporokkasho「六ヶ所茶会」拡大版!
  『素晴らしい未来をつくるのは私たち。
    これからどうする?~冨田貴史さんを囲んで~』

(会場)北海道環境サポートセンター
(中央区北4西4-1 札幌駅南口伊藤・加藤ビル4階)
(時間)18:30~20:45 (参加費)500yen(カンパ大歓迎)
(申し込み・問合わせ) 定員50名です!
阿部090‐6217‐0084 北澤090‐7057‐5928
Fax 0123‐83‐2704 e-mail:ikura-clione@ezweb.ne.jp
想いをつなげる「語りの場」です。お気軽にご参加下さい。

④1月31日(土) in ニセコ
  『六ヶ所村ラプソディー上映会
   ~みんなで考えよう原発とプルサーマルのこと~』

(会場)ニセコ町民センター(駐車場有り)
ニセコ町富士見95番地(t) 0136-44-2234
(時間)13:00~17:00 (料金)1300yen
(問合わせ)上田 090-7518-8816 米倉 0136-56-2277
(e-mail)naonaonmax@ezweb.ne.jp 上田携帯
主催 あーす☆ガイド
一部『六ヶ所村ラプソディー上映会』13:00~15:00
二部『みんなで考えよう原発とプルサーマルのこと』
15:15~17:00 トーク:冨田貴史さん&斎藤武一さん(岩内)

⑤2月1日(日) in 長沼
  『田舎の農林水産発電業とは即ち都会の衣食住電。
          未来を自分達でつくる』

(会場)ふれあいターミナル大集会室(駐車場有り)
長沼町中央区南1丁目1-5 0123-88-0881
(時間)19:00~
(料金)500yen (カンパ大歓迎)お茶とパン付き
(問合わせ)櫻井BLUES農場 櫻井 090-6573-4627
「祝島」の脱原発の取り組みの映画上映とお話し
トーク:冨田貴史さん&斎藤武一さん(岩内)

⑥2月2日(月) in 札幌
  冨田貴史さんの『マヤ暦ワークショップ』

(会場)エコライフギャラリー タネポタアニ
(時間)AM11:00~14:00
(料金)2000yen (オーガニックティー1杯つき)
(問合わせ)タネポタアニ 011-622-4141

タネポタアニは中央区宮の森にある1軒家のエコギャラリーです。
ご予約いただく際に場所を詳しくご案内します。

⑦2月2日(月) in 札幌
  『六ヶ所村通信No4上映と冨田貴史さんトーク』

(会場)オーガニックカフェ インフォーマル
中央区北5条西25丁目4-1 525 MMビル1F
(時間)19:00~ (料金)1500yen (お茶付き)
(問合わせ)インフォーマル 011-398-3386
「六ヶ所村ラプソディー」のその後を映し出します。

⑧2月3日(火) in 札幌
  『六ヶ所村ラプソディー上映会~冨田貴史さんとともに~』

(会場)ちえりあ 6F講堂 地下鉄東西線「宮の沢駅」直結
(時間)13:30 ~ 16:30 (入場料)1000yen
(問い合せ) 富塚090-7055-6729
主催:市民ネット西 協賛:生活クラブ西支部
一部『六ヶ所村ラプソディー上映会』
二部『みんなで考えよう原発とプルサーマルのこと』


冨田貴史(トミタタカフミ)さん Profile *****************************

京都市在住。音楽専門学校の講師を務めながら独自にイベントの企画制作、DJとしての活動を行う。アメリカによるイラク戦争勃発をきっかけに、企画するイベントのテーマ、活動のメインを「平和」「核」「エネルギー」に集中していく。現在は、旧暦やマヤンカレンダーを使った「暦と時間のワークショップ」、映画「六ヶ所村ラプソディー」上映会を中心に、各種ワークショップや上映会などを全国で開いている。

チェルノブイリ原発 動画

【ザ!仰○ニュース】でわかりやすいのがあったので、
みなさんも少しでも原発の怖さを知ってもらえたらと、思います。
わかりやすく、かつ、見やすいですので、飽きずに見れると思います。

チェルノブイリ原発 動画①

チェルノブイリ原発 動画②

チェルノブイリ原発 動画③
チェルノブイリ原発 動画④
チェルノブイリ原発 動画⑤
チェルノブイリ原発 動画⑥

【泊原発プルサーマル計画】最終シンポジウム

12日に「泊原発プルサーマル計画」の最終シンポジウムがあります。
これが決着してしまうと、プルサーマルでの運転が(事実上)決定します。
この計画自体も正当性に検討すべき点がたくさんあるのですが、
なによりの本音は 「六ヶ所再処理工場」を正当化して進める為に、重要な計画になります。

「ネットでの見学」「札幌会場で中継の見学」「現地会場での見学」できます☆

【プルサーマル計画に関する公開シンポジウム】
詳細→http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/p_simpo.htm  
◆ 日時  平成20年10月12日(日)
      13:00~17:00(12:30開場)  
◆ 場所 【現地会場】 岩内地方文化センター 大ホール(岩内町字万代51-7)      
       【札幌会場】道庁別館地下1階大会議室(札幌市中央区北3条西7丁目)
    ※ 札幌会場ではシンポジウム映像の視聴及びご意見の受付(岩内会場にFAX送信)
◆ 主催  北海道、泊村、共和町、岩内町及び神恵内村  
◆ 定員  地元会場:500名(札幌傍聴会場 100名)  
◆ プログラム(敬称略、五十音順)
       ○ 第一部 特別講演   
         ・ 「低炭素社会への誘(いざな)い」 ~洞爺湖サミットを振り返って~
         ・ 「プルサーマル計画の安全性について」
       ○ 第二部 パネルディスカッション~ みんなで考えるプルサーマル計画~
          【コーディネーター】 秋庭 悦子
           (社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会 常任理事)
          【パネリスト】※ほぼみんな計画を進める為の「役者さん」だと思われます…
           「出光 一哉」(九州大学大学院 工学研究院 教授) 
           「井上チイ子」(NPO法人 WARP-LEE NET理事長、生活情報評論家)
           「小林 圭二」(元京都大学 原子炉実験所 講師)      
           「小林 三樹」(藤女子大学 人間生活学部 教授)
           「富塚とも子」(主婦・さっぽろ食まちネット 代表) 

    ※ 会場参加者との意見交換も行います (札幌会場の参加者は用紙にご意見を記入し、
      岩内会場にFAX送信する形での参加となります。)
○ 参加にあたっての留意事項 ○  
        ・ 参加は無料です。  
        ・ 岩内会場、札幌会場とも、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、
          会場にお越しください。
○ お問い合わせ先    北海道総務部危機対策局原子力安全対策課   
            プルサーマルシンポジウム担当 電話 011-204-5012


~?プルサーマルとは?~
使用済みの燃料から作られた特殊な【MOX燃料(プルトニウム混合燃料)】を、
普通の【ウラン燃料用の原子力発電所】で使ってしまおうという計画。
もちろん危険です!
例えるなら、【レギュラー(ウラン燃料)】の車に、【ハイオク(MOX燃料)】を 入れて走らせる様なもの。
だから、本来は対応していないんです。
この「MOX燃料」というのが、今六ヶ所再処理工場で作ろうとしているものです。

講演会のお知らせ

9月30日と10月4日に講演会があります。

余命半年…
そう宣告されたのは、2006年の3月でした。
彼女のお腹の中には、一つの命がありました。

二度にわたる抗がん剤治療。
強い吐き気・強い頭痛・発熱…
生きた心地がしなかったと。。
でも
彼女は、前向きで、おしゃれが大好きなとってもキュートな、一児のママ。
妊娠中に末期癌と宣告されながらも、
子供の為今死ぬわけにはいかない!と、強い意思をもって生きています。

そんな彼女の講演は、きっと前向きな気持ちにしてくれると思います。

こんな強い人っているんだっておもいました。
最近年のせいか涙腺が弱っているみたいで、
彼女のBlogを読んでいると、涙で文章がよく読めませんでした。
生きている事がどんなに幸せなことなんだろう。
って、思ってしまいます。
自分の今までの人生を、振り返りたくなります。


鎌田 茜さん講演会   「“瞬間(いま)”しあわせ」
                    =私は生まれ変わっても癌になりたい。 そして、彼と出逢いたい。

 「癌になって、解ったこと・気づいたことがたくさんあるんです。
だから、健康な方が気がついたら、きっともっともっと楽しく生きられると思うんです。」
そう茜さんはおっしゃいます。そして、このことを伝えることが、自分に与えられた使命だとも…

①『女性として、母としての瞬間』
   第1回目は、子育て中のおかあさん、そしてこれから母となる女性はもちろん、
   女性同士で過ごしたい会です。
(日時)2008年9月30日(火)10:30 ~ 12:00(10:00開場)
(場所)オーガニックcafe info.○(インフォーマル)
    
    札幌市中央区北5条西25丁目4-1 525MMビル1F
    (地下鉄東西線西28丁目1番出口徒歩4分)
    011-398-3386 インフォーマル
(参加費)500円…定員30名(要予約)

※駐車場はありませんので公共の交通機関をご利用下さい。
※講演後に食事を希望される方はあらかじめ予約をお願いします。(限定20 食)

 ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○

②『 夫婦として、親として、家族としての瞬間』

 第2回目は、ゲストとして夫である“守さん”のトークも交えながらの2時間。
 男性、女性問わず… そしてぜひ!大切な方とご一緒にご参加下さい。
(日時)2008年10月4日(土)18:00 ~ 20:00(17:30開場)
(場所)あじと3 札幌市中央区南9条西11丁目3-12
   
011-522-2716 あじと2
(参加費)1000円…定員50名(要予約)

※駐車場はありませんので公共の交通機関をご利用下さい。
※飲み物 軽食の販売いたします。



病 歴                                   茜さんのBlog


  2001年…悪性リンパ
       (抗がん剤、放射線)
  2005年…第1子稽留流産
  2006年…3月 妊娠発覚
  6月 顎下腺癌肉腫(妊娠五ヶ月)。「出産までの命の保障はありません。
  早ければ余命半年」と宣告される。
  11月 帝王切開にて長男憩を出産。6日後に自身の二度目の手術、放射
  線治療開始。
  2007年…12月 癌が肺に多発転移。再び余命半年と宣告を受ける

◆ ご予約・お問い合わせ◆ 
            011-398-3386 インフォーマル(目良)

主催 裕 笑
協力  info.○  公開秘密結社あじと  アースディ北海道

イベントのお知らせ(♥ó㉨ò)ノ♡

またまた【みんたる】で、イベントが開催されます。

二夜連続講座。
アットホームな空間で、質疑応答の時間もたっぷりありますよ。

以下、【みんたる】より転送文

9/1(月) 
「G8サミットって、結局なんだったの?」

 という疑問を、『G8サミット体制とはなにか』の著者、栗原康さんに聞いちゃう会

今年7月、ものものしい警備の中開催されたG8サミット。
それにかかった費用は500億円とも700億円とも言われていますが、ではいったいG8サミットっていったいどんなことをしているのでしょう?
地元、この北海道で開催されたにも関わらずイマイチよくわからない・・・。
そこで、G8サミットについて『G8サミット体制とはなにか』というとってもわかりやすい本を書かれた栗原康さんに、お話を伺うことにしました。
同じような疑問を持ったあなた!ぜひ、ご参加ください。
へぇーって思うこと、意外な事実、たくさんあるかもしれません。

【講師紹介】
栗原康(くりはら・やすし)1979年生まれ.
「G8サミット体制とはなにか」(以文社刊)著者。
ATTAC Japanで,G8サミットなどのグローバリゼーションの問題にとりくむ。
現在、早稲田大学大学院政治学研究科所属。専門は,アナーキズム研究,労働運動史。


●日時:2008年9月1日(月)19:00~
●会場:フェアトレード雑貨&レストラン"みんたる"札幌市北区北14西3東向きTEL&fax 011-756-3600 http://www.mintaru.com
● 参加費:600円(1ドリンク付)
● 申し込み・お問い合わせ:aisya7@gmail.com(水上)



9/2(火) 
『みんなでやろう!合意形成ワークショップ』

多人数で会議する時、頻繁に発言する人としない人、押しが強い人控えめな人などなど、 どうしても差が出てきてしまうもの。
でも、みんなが納得する結果を出すためには、できるだけ全員の意見を取り入れた方がいいに違いない。そのひとつの方法として、近年、グローバルジャスティス運動(反グローバリズム運動)では、ジェスチャーを交えた新しい合意形成方法が採用されているという。それはぜひ体験してみたいと、昨年ドイツで行われたハイリゲンダムサミット対抗行動でその合意形成を実際に体験してきた仲田教人さんにファシリテーターをお願いし、急遽 ワークショップを開催することにしました。よりよい会議を目指す方、新しいコミュニケーション方法を体験してみたい方、この機会にぜひ、ご参加ください。

【ファシリテーター】
仲田教人(なかた・のりひと)現在、早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程。
論文に「会議と革命」(『VOL03』、以文社)他。


●日時:2008年9月2日(火)19:00~
●会場:フェアトレード雑貨&レストラン"みんたる"札幌市北区北14西3東向きTEL&fax 011-756-3600 http://www.mintaru.com
● 参加費:600円(1ドリンク付)
● 申し込み・お問い合わせ:aisya7@gmail.com(水上)

講演会のお知らせ

今週末、夏に北海道で行われたG8サミットに対しての市民活動を振り返る集会が目白押しです。
環境、戦争、人権の問題はぐるぐると繋がっています。
まずは何が起こっているのかを知ることが大事です。

興味のある人、暇な人。時間があったら行ってみてください(๑→ܫ←人→ܫ←๑)

以下転送です。

●8/30(土)
「表現の自由」は誰のもの?


結局、G8サミットって何だったのでしょう?
私たちが実感したG8サミットは、市民生活を厳しく監視する居心地の悪い警備体制そのものでした。300億円とも400億円とも言われる警備費、全国から21000人の警官を集め配備した警察やイージス艦、戦闘機まで出した自衛隊。
その警備の「成果」のひとつが、7月5日「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」での不当逮捕でした。
逮捕の経緯は多くのメディアが報じ、不当逮捕だ!という抗議声明が世界各地で出されました。 
不当勾留され、処分保留のまま釈放されたサウンドデモ3人の不起訴を求める「不起訴処分要請書」には全国から270団体の賛同が寄せられました。
そして、逮捕から1ヵ月半を経て「不起訴処分」が出されました。 
あらためてG8サミットの過剰な警備体制がもたらしたもの、はからずも逮捕によって浮き彫りにされた市民の表現活動をめぐる現実、逮捕者がこうむった有形無形の人権侵害を見つめなおし、「表現の自由」を守る自由な表現と、しなやかな連帯の可能性を語り合いたいと思います。


「表現の自由」は誰のもの?
                  ~サウンドデモ不当逮捕、不起訴処分をふりかえる市民集会~
★日 時:8月30日(土)13:30~15:30
★会 場:かでる2・7  510会議室
★参加費:¥500 
★主 催:札幌サウンドデモ7・5救援会
★連絡先:E-mail: j5solidarity@riseup.net




●8/31(日)
「G8インフォセンター/キャンプ報告会」


国際交流インフォセンター/国際交流キャンプ札幌実行委員会 あの「北海道洞爺湖G8サミット」が終わってから、もう1ヶ月以上が経過しました。
そもそもなぜ、G8サミットに合わせてキャンプを設置しようとしたのか。
なぜ札幌市と協議をして、結局共同運営を断念することになってしまったのか。
なぜ急遽オルタナティブなキャンプを実施できたのか。インフォセンター/キャンプでは何がおこなわれたのか。どのような人たちが参加したのか。
わたしたちは、インフォセンター/キャンプの運営を通して、どのような経験をし、何を得ることができたのでしょうか。 関わった一人ひとりの力を積み上げて、支えあってできあがったインフォセンター/キャンプでした。
報告会でも、多様な作り手からの経験談を出し合いたいと思います。
写真や映像を使い、キャンプ作りでつちかったチームワークを生かして楽しくおこないます。
みなさまどうぞご参加ください。


「G8インフォセンター/キャンプ報告会」

★日時:2008年8月31日(日)18時より(17:30開場)
★会場:かでる2・7(北2西7) 1040会議室
★参加費:無料
★内容(予定):・オルターグローバリゼーション運動とキャンプの歴史・
          インフォセンター/キャンプのオープンに至るまで・開催中の取り組み、
          ふりかえり・できたこと、できなかったこと e.t.c...
★主 催:国際交流インフォセンター/キャンプ札幌実行委員会
      http://2008camp.blog43.fc2.com/
      camp2008exco@hotmail.co.jp090-6212-4151(事務局・本多)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。